人を信じる心

0

Posted by Kumata | Posted in 社長的 | Posted on 26-06-2011

人を信じる事は尊いと思う。もし仮に信じていた人に裏切られたとしても、誰かを信じる心は失いたくない。

ところがこうも人に裏切られ続けるとさすがに消耗する。

昔からの親友で会社を経営していたヤツがいて、会社を始めてから2〜3年で年商10億の企業になり、そこから1年でに2億の赤字に転落し倒産した。

彼が言うには「従業員なんて自分の事しか考えてないから経営者がどんな思いをして彼らを守ろうとしたところで会社の雲行きがあやしくなってくると会社を支えるどころかすぐに放り出してそそくさと逃げてしまう」らしい。そして僕は実際にその一部始終を目撃した。

ところが、ここで待てよ。似たような逆の話は巷で通説になってるような。

「会社のためにいくら尽くしたって経営者の都合で切られてしまう」ってなことをみんな思ってるんじゃなかっただろうか。どこからこの不信が生まれるのだろう。

誰しも自分を守ろうとするのは生存本能なのだからしょうがない。従業員に生活があれば経営者にだって生活がある。その利害が時に一致しなくなることもよくある事だ。そしてお互いリスクを持っている。

どうしても自分は経営者の立場だから経営者の取るリスクの方が甚大だという事に重きを置いてしまう。会社のランニングコストは想像を絶する。実際に前述の彼は経営者責任で2億円の負債を実際に「個人として」負った。普通には返済できる額ではない。サラリーマンの生涯所得額とほぼ同等だ。実際彼は自己破産した。

負債の額でいうと従業員のそれは上述の彼の場合と比べ物にならないくらいに軽い。失業によって生まれる損失は多く見積もって1年間でその人の年収、再就職すればその損失も抑えられるうえ場合によっては失業保険も出る。(経営者は出ない!)

だが問題は金額の大小ではないかもしれない。つまり身を守るという本能だ。

身を守る行動や感情は何らかの危険が存在するという認識から来る。その危険を労働者は資本家に、資本家は労働者に重ねあわせてしまう。「あいつらのせいで」という発想だ。

ここで本当はお互いの事をもっと理解すべきだと思う。こき使われた上に惨めな生活をさせられるのはまっぴらだと思っている労働者と、労働者の生活を支えるために巨大なリスクとストレスを抱えていると思っている経営者。

相手の痛みを知ることから相手を信じる事に繋がって欲しいと心から願う。少なくとも自分は仲間を信じ続けようと思う。

ちょっとシリアスになってしまった。

 

 

自虐的自分ツッコミなブログはじめます

0

Posted by Kumata | Posted in 社長的 | Posted on 01-12-2010

前から社長ブログだけはやるまいと心に決めていた。

だってやってる奴ら見てると恥ずかしいことこの上ない。
そんなの自分でやるなんて身の毛もよだつ、、、、、。

とまで言うとちょっと大げさだけど、まぁあんまりカッコいいもんじゃないと思ってた。

でもあえて経営者ってことを晒してブログやってみようと思う。

今まで正直言ってうまいもん紹介したり「六本木ヒルズにきたよー、ここはお気に入りの、、、云々」などといったような派手な生活じゃないから、ブログなんか書いたってつまんないし誰も読まんだろうと思ってたし今も思ってる。

だいいち、朝から晩まで(夜中まで)ほとんど事務所にこもりっきりで音いじったりメール書いたり山ほどある雑務を従業員にこき使われながらこなさなきゃいけないから、遊びに行ってるヒマなんてない。

でも今日ちょっとした事があって少し心がオープンになった。

実は昨日うちの会社は決算の締め切り(9月末決算だと税金払ったり決算書提出する期限はその2ヶ月後ってルールがある)だったんだけど、記帳と決算とをお願いしてる会社から「たぶん締め切り間に合わないですよー!」って急かされながらこの支出は何でこの売上は何で、って決算に必要な情報やら計算やらをやってたんだけど、それがギリギリ間に合った。

最終日前日にその会社から電話がかかってきて「数字が出たので明日の消印で発送すればなんとかギリギリ間に合います!」と嬉しいお知らせを頂いた。

でも税金とかの納付書をその会社に送ったままだったからそれを送り返してもらってると期日中に納付できないので、納付書をダウンロードやらファックスやら直接税務署に行ったりしてなんとか期日中に納付は完了した。

だから昨日はクタクタだったんだけどウチの会社の取締役をやってくれてるA氏と飲みに(とは言ってもカルピスとジンジャエールだけだけど)行って2時ぐらいまで近所の田中屋さんっていう串焼きのお店にいた。

なんかやっと重たい仕事が完了してホッと出来た日になり、なんだか明日から新しい事が始まる予感をさせるようだった。

すると今朝、十数年ぶりに嬉しい人から電話があった。

僕の心の師匠とでも言うべき人、作曲家を志し、音楽業界で生きて行くキッカケになった、とある有名な作曲家のT師からの電話だった。

「クマタくん!ひさしぶり!」

その声は当時と全く変わらない少年のような希望溢れるハリのある声だった。

当時そのT師と出会ったのは僕が23〜4歳でT師はすでに御年62歳だったように記憶している。
だから記憶違いでなければT師はすでに80歳近くになられてるはずだ。

その方からなんとお仕事の依頼を頂いた!

「えっ?!まだ音楽のお仕事やられてるんですか?!」
と聞きたくなったが我慢した。

当時、T師が62歳のころ、ちょうどJTスーパープロデューサーというコンサートにデビッドフォスターという世界的に有名かつ才能あふれるプロデューサが出演し、そのBS放送のビデオを僕に見せながらこうおっしゃったのを今でも忘れられない。

「いやー、クマタくん。僕もいつかね、彼のような本当にオリジナリティーのある音楽家になりたいんだよ。時間はまだまだかかるだろうけどね。あはは」

これには参った。

20代前半の僕にとって62歳のT師はすでにおジイさん、と言っては失礼だが実績も経験も途方もなく人生の先を行っていて、もう余生と呼ばれる時代に入りつつある人のように感じられた。

その人がまだ上を目指している。

年を経れば経る程、そのすごさがわかってくる。この何気ないセリフが今でも僕を奮い立たせてくれている。

と、そんなかけがえのないエピソードをくれた人からの電話でとても機嫌が良くなったのと、昨日感じていた何かが始まりそうな予感(というか期待?)が見事にハマって本当に新しいサイクルに入ったような、新鮮な気持ちになれたので、これからスタート地点に戻ったつもりで、日々感じる事を書いてみたくなった。

毎日書けるとは思えないけどなるべく続けたいと思う。

あしたもいい事がありますように。